36歳独身男性無職の彼女出来ない悩み告白

三十歳以上まで童貞を貫き通した男は、魔法使いになれるという。
俺は36歳の今でも童貞だ。セックスはもはや異次元のこととなっている。
生まれてから一度も彼女出来ない
ホストをみると、羨望と同時に嫉妬が芽生える。
普通の男は汗水たらして稼いだ金を女につぎ込んでいるのに
ホストはその逆だ。奴らは女にモテることでお金を稼いでいる。
金にも女にも困らない生活を体現している。

彼女が出来ない俺だけど、風俗で童貞を捨てたいとは思わない。
初体験は絶対に好きな人とが良い。
とはいっても、現在、仕事もしていないし家に引きこもりの生活だ。
異性との出会い自体がそもそもない。
親とはありがたいものでこんな俺のために、毎月の家賃を振込み
光熱費まで支払ってくれている。実家からは食料の物資が定期的に
宅配便で送られてくる。親は俺がこうなったことは自分たちの育て方に
問題があったと責任を感じているらしい。
一人暮らしをしているのに、働かなくても生きていけるから遊ぶ時間は
たっぷりあるのに、彼女出来ないので、家に連れ込める女もいなければ
デート相手もいない。

俺はもうおじさんだ。それは自分でもわかっている。
選べる女の範囲だって狭まってきて
贅沢を言ってはいられないことは理解している。
でも一度も彼女出来ないからこそ、ここまで独身を貫いたのだから
絶対に妥協なしの満点レベルの女でないと付き合いたくない。
という考えになってしまった。

いまのところ、俺の全ての求める条件を兼ね備えている女性は
二次元のアニメや漫画のヒロインたちだけだ。
俺のお金は彼女たちに費やされている。

38歳独身女性派遣社員のブログ出会い

離婚経験があり、中学生と小学生の二人の子供はダンナが引き取りました。
離婚の理由は私が姑と折り合いが悪かったからなのですが、マザコンのダンナは常に姑の味方だったし子供たちもお小遣いをたくさんくれるおばあちゃんべったりだったので、私は全く後悔していません。
離婚後は気楽なひとり暮らしで、派遣でそこそこ稼いでいます。
でもいくら自由で快適だと思っていても、ふとした拍子にとてつもなく孤独だと感じることもあるのです。
そういった時に慰めになっていたある男性のブログ、毎日眺めているうちにコメント書き込むようになり、やり取りが始まりました。
その人のブログは、男性でありながら自分がその日に食べた物をマメに紹介していて、本当に頭が下がるのですがほぼ自炊なのです。
それでレシピなども書かれているので真似して作ってみて、その感想などをコメントしてきました。
最初はブログに関してのやり取りでしたが、そのうちメールになってからは悩みを相談したり他愛のない事で盛り上がったりと、一番仲の良い友達と言った感じの関係になりました。

でも、そう思っているのは自分だけなのかもしれません。
向こうは私以外にもこんな風にメールをやり取りしている女性がたくさんいるのかもしれません。
実は、来月会う約束をしてしまいました。
写メでお互いの顔は確認済ですが、写真と実物がかなり違うと言うのは常識ですから、もしかしたら約束の場所で向こうが遠目に見て逃げてしまうかもと言った心配もあります。

私は彼の外見なんかそれほど気にしておらず、ただ普通に会って話したいと思っているだけなのです。
しかし、いい年して学生みたいにときめいて浮かれているのは、やっぱりマズいことなんでしょうか。
取り合えず、その日に向けて何を着ていくかメイクはどうしようかと検討中です。