お金くれる人募集

お金くれる人募集

会わないパパ活に成功した友達の言葉を参考にして資金調達
私の学校はお金持ちの人が多い。親がお金持ちのため子供の身につけるものはブランドばかり。それと比べて私は貧乏だから、周りから逆に興味を惹かれ色々欲しくないものをプレゼントしてくれたりします。そんな高校時代の私にもある日お金持ちの友達の家に遊びに行きました。そこには友達の両親が待っていました。とても優しそうな両親だけど父親の視線が少し痛い。ずっと見られている感じがしました。
「あずきちゃんお金に困ってないか。お金くれる人募集とかしてないよね。お金くれる人募集して悪いことされたというニュースが流れてたから娘の友達が不幸なことが起きてないか心配でね。」人をお金がないからって馬鹿にしすぎじゃ無いのと思い怒りを覚えました。さらに、友達も父親を叱りつつ私を小馬鹿にしている感じがしました。その後、晩御飯をご馳走になり帰宅しようとした時に遅いからと友達の父親がうちまで車で送ってくれることになりました。友達は家で母親といるというので父親と2人の空間は微妙に感じました。
車に乗っている時に、一方的に父親が会話をしながら突然のブレーキで私を支えるかのように父親の手が私の胸に触れた。「ごめんね。びっくりしたよね。」この行為がもう一度ありました。わざとやっていると思った私はこの父親は私に下心があるんだなと気付きました。気持ち悪いけど、これを利用できないかなと思った私はあえて父親の手を握りしめて「ありがとうございます。と言ってしばらく握りしめました。それに勘違いした父親の顔は真っ赤になっていました。
パトロン募集掲示板
お金ください掲示板
愛人募集

テキストのコピーはできません。